TOP > 採用情報 > 採用者の体験談

共に発展する仲間を求めています

採用者の体験談

必要とされる設計システムを完成させた歓び

私が現在の部署に配置されたのが2014年の夏、今年で3年目となります。金融系のシステムで、大規模なシステム改修のスタート地点であったせいか、チーム全体でも解らないことばかり。また、内容も、他のチームとは違って複雑でありそのために顧客との打ち合わせには、とても多くの時間を掛けなければなりませんでした。


情報が少ない中、私は詳細設計書の作成を任されましたが、業務の知識を一つ一つ確実に身に着けることで、何とか期限までにすべての詳細設計を作成することができました。その歓びは自分への大きな自信とともに、何よりも先の段階へ進め、成功させることへの責任感が生まれたのです。


その後、チームのサブリーダーとしてシステム製造・試験の段階へと進み、多くのメンバーとの協力で、単体試験まで完了することができました。現在は、別の会社に設計が引き渡され、私の手から離れることになりましたが、自分の設計したシステムが必要とされ、利用されることを思うと、とてもやりがいのあることを経験できたと、とても誇りに思えた2年間でした。

入社3年目  N
 

仕事の効率を上げるために大切な環境作り

入社して12年ですが、入社当時は上司やチームメンバーとコミュニケーションがうまく取れず、チームの足を引っ張ったりしていました。そうした失敗から、仕事でもプライベートでも、メンバーとコミュニケーションをとるように心がけました。


初めは苦労しましたが、そのおかげでメンバーには、仕事の悩みや考え方が相談できるようになったのです。おかげさまで、入社時から取り組んでいた製薬業界で使用する副作用の管理システムの追加の帳票開発、システム間のデータ移行、そして現在のデータのメンテナンス等の仕事が効率よくできるようになりました。


今では、現場での経験も長いことから、リーダーとしてのスキルが求められています。これからは、自分の悩んだ経験を活かし、新規に参入するメンバーにも相談をしやすい環境を作りたいと考えています。

入社12年目  Y
 

日々の積み重ねが、明日の自分のためにある

プログラミングの仕事が大好きで、ネビットに入社して2年になります。当初は、与えられた仕事の中で、確認不足のまま仕事を進めていくという失敗があって、仕事が停滞したり先輩に訳の分からないまま質問を投げ掛けるなど、随分と無駄な時間を作ってしまったことが多々ありました。


まだまだ初心者ですが、これまでは、銀行システムのテスト業務や、帝国データバンク等から会社の倒産情報を収集するシステムの開発。さらに、現在では、プリンタの保守業務の支援システム開発をしています。


これからは、自分の力で設計書をかけるようになること。現在の作業場でも帳票設計とアクティビティ図を作成しましたが、実際のところ有識者の言葉を、エクセルに落とし込んでいるだけなので自分で設計し確認をとれるようになりたいと思っています。

入社2年目  I